待ち遠しい五月晴

画像
 東北旅行から戻ったらぐずついた空模様ばかり、10日振りにウォーキングに出掛けた。

市有緑地には、一面にクズが広がり始め、幼稚園児たちが草の上に寝転がる遊びはもうできそうもない。

 今年は花を見損なったかと思ったネムノキは、未だ蕾が小さくて、ホッとした。意外にも、一部のムラサキシキブはまだ花をつけていた。


画像
(ムラサキシキブ)



 昨夜の雨の影響か、蝶は殆ど姿を見せてくれなくて、淋しいウォーキングになった。
五月晴が待ち遠しい。

画像



 驚いたことに、麦秋で紹介した小麦畑は、収穫されずにそのままのなっていた。
高齢者だったが、体調を崩されたのでなければよいのだが・・・

画像
(収穫を待つ小麦)



 この里山の谷戸でも、螢が飛び交いだしたらしい。

画像
(左:オカトラノオ、右:ホタルブクロ)



 里山の木立の中、クヌギの枯れ木に小さな茸が生えていた。傘の大きさは、大きなものでも、10mmもない。
今迄気付かなかった茸である。

画像



画像
(シロコブゾウムシ) 

 クズの葉の上に常連が姿を現した。

画像
(コフキゾウムシ)



画像



 クズの葉の上で狩り

画像
(左:ササグモ、右:クロオオアリ???)

この記事へのトラックバック