今朝の道草

 快晴、ウォーキングに出掛けたが、今朝はツクツクボーシの声を聞かなかった。 期待したのに蝶には出会えなかった。 日中は暑く、庭の草取りをしたら、蚊の群れに付き纏われた。 (今朝の丹沢)  日向の日本芝に生えた茸が大きく変身  女郎蜘…

続きを読むread more

オケラが咲いた

 久し振りに秋らしいいい天気、6日振りにウォーキングに出掛けた。虫の声が途切れない中、時偶ツクツクボーシの声が聞こえた。  林縁の花故刈り込まれることが多く、絶滅を恐れていたオケラ(白朮)が今年も咲いてくれた。京都の八坂神社関連の年中行事「をけら参り」のヲケラ(白朮)のことである。 生育環境が…

続きを読むread more

秋分も

 秋分も 彼岸も無縁の 八十路かな  夕刊が来ない、山妻に云われるまで4連休に気付かなかった。「秋分の日」も「お彼岸」も全く関心が無く、意識に上ることもない。これって、認知症の始まりなのだろうか 「お彼岸」を思い出すことがなくなって久しい。親…

続きを読むread more

市民大学の受講

 久し振りに興味あるテーマの講座(全9回)が開設されたので受講した。コロナ感染を警戒して応募を見送った4月開講の講座が実施されずに延期され、辞退者があったのであろう追加募集があったのて受講できたのである。  最初に検温また入口に消毒液があり、広いフロアに1.5m間隔に並んだパイプ椅子に座り、机が無くて代わり…

続きを読むread more

女郎蜘蛛の交接行動

 最近、女郎蜘蛛の交接行動らしきものを2例目撃した。 今の時期、女郎蜘蛛の巣(円網)では、♀と♂(複数の場合も多い)が距離を保ったまま動かずに対峙していることが多く、交接行動が見られることは滅多にない。 ≪ケース1≫ ・最初に見た時は、♂が♀に将に触れようとしてい…

続きを読むread more

涼しいウォーキング

 今朝は南寄りの風があり、時には麦藁帽子を煽るほど強くなることもあって、涼しい散歩になった。 (この夏、麦藁帽子を被っているのは、お百姓さんを含め、自分だけだった。今や絶滅危惧種になったのか) 上空の雲が北に向かって動くのが分かった。 里山の径を歩く人…

続きを読むread more

今はもう秋

 台風の余波も消え、涼しい風もあって、 秋らしい朝だった。 今朝は、萩、茶の花など秋らしい花も咲いていた。 幸運にも、女郎蜘蛛の交接場面も目撃した(別途報告の予定)。 (今朝の丹沢)  ウォーキングの途中、野良(地域猫)に鳴いて迎えられた。 …

続きを読むread more