身近になった春

 例年並みの気温に戻ったとは云え、暖かい日が続いた所為か、気分は春、もう引き返せない。 コロナで、しばらく顔を見せていなかった保育園児達が、里山に帰って来出した。彼等が喜びそうな花は未だ殆どなく、蝶も恐らく1匹も目にしなかったろうが、楽しそうだった。 (ウグイスカグラ) ただ気が付か…

続きを読むread more

晴朗なれども

 天気晴朗なれども、鼻ぐずぐず目は痒し。 宿弊となった花粉症の季節に入った。花粉症になったのは、50歳前後から。最初の内は症状が軽かったからか、単なる鼻炎であると思い、それ用の薬を飲んでいた。花粉症と気が付いたのは、多分、1,2年後からだったように思う。今は、花粉症薬を毎日欠かさずに服用している。 鼻を使わず…

続きを読むread more

「おぼろ月夜」の候

 今日の最高気温は4月上旬並との予報、朝は風もなくて暖かく、丹沢は霞んでいた。何となく、文部省唱歌『おぼろ月夜』の気分に・・・ ヒメオドリコソウも咲いて、ホトケノザ、オオイヌノフグリと3種、春を告げる花が出揃った。 今朝は、今年初めての蝶に出会った、しかも三度も。キタテハらしいもの2匹、黒っぽ…

続きを読むread more

日本人の笑い

 古い本を整理していたら、出てきた、川柳の世界。 江戸期のものが中心だが、奥が深い。広い知識と機知を競って作られたものばかりだから、古典の知識と想像力がないと理解できないものも多い。古典の方は何とかなったが、四捨五入すれば米寿の老い耄れでは頭が固くなっていて、もはや機知など無縁、  「玄関口のようなところに、…

続きを読むread more

新と旧

 今朝の新聞に、森元首相の辞任と藤井二冠の朝日杯V、対照的な二つの記事が同じ面に載っていた。ふと、『新』と『旧』の2文字が浮かんだ。  コロナで閉塞感が漂う中、未だ18才の棋士の躍進ニュースは、将棋ファンでない自分にも嬉しく、明るい気分にさせてくれる。  政治家には『読む』ことが要求される。そ…

続きを読むread more

[spam]メール

 2ヶ月ほど前から、タイトルの頭に[spam]の付いたメールが増え、日に2通以上届く日も多い。  その前迄は、メールヘッダの情報(Received、Authentication)などを利用して受信拒否していたので少なかったが、今はそれを止めているからだ。 切っ掛けは、偶々知人のメールが届かなか…

続きを読むread more

ウォーキングの友

 以前にも紹介したが、ウォーキングの途中しばしば出会う地域猫が居る。今も、家の中には入れて貰えず、軒下のビニール袋で作った風除けの中で寝ているらしいので、依然として、『家猫』にはなれず『地域猫』のままだろう。  ウォーキングで来たらしい、高齢のご婦人から餌を貰っていた。餌の準備中、婦…

続きを読むread more