死ぬまで歩きたい

 年を取れば、体力・運動機能や認知機能が劣化するのは仕方がない事と諦め、サプリメント類も飲んではいない。ただ、歩くことだけは、何とか死ぬまで続けたいと願っている。歩けなくても、internet、audio・visual、読書などが可能だろうが、それだけでは耐えられそうにない。 毎日のようにウォーキングに出掛けるのも、そ…

続きを読むread more

70年振りのホタル

 昨晩、ふと思いついてホタルを見に行った。 ウォーキングで歩く里山の谷戸でホタルが見られると知ったのは、随分前のことである。毎年見ようと思いながらも、忘れてしまい、もう10年ほどにもなるか・・・  生まれ育った古里は水田地帯だったから、ホタルは珍しくもない、格別「見る…

続きを読むread more

頓馬なゾウムシ

 今年も、何時もの葛の葉に、シロコブゾウムシとコフキゾウムシが現れた。不思議なことに、コフキゾウムシは殆どの場合、♂が♀に乗っかったペアで現れる。一方シロコブゾウムシのペアには、未だお目に掛かっていない。  今朝は、このコフキゾウムシのとんでもない光景を目撃  …

続きを読むread more

12ヶ月点検

 コロナ禍も終息に近づいたので、先延ばしにしていた車の12ヶ月点検をしてもらった。 自動車販売店のコロナ対策は万全だった。 ・作業の受付・説明は、驚いたことに屋外で、だった  まず最初に、コロナ関連の調書(?)に記入・署名を求められた。 …

続きを読むread more

梅雨の晴れ間に

 たっぷり雨が降った後の晴れ間、今日で3日目。市街地の中に残った里山を歩く人、ひと頃の賑わいが嘘のよう、コロナ特需も終わったようで減り、ウォーキング中に擦れ違う人の数が少なくなった。 だが里山の魅力に気付いた人も居たようで、新顔が増えたような気がする。  雨上がりの月曜日、晴天が2日も続けば姿…

続きを読むread more

鯉の水浴び?

 池に除草剤を散布したので酸欠予防のため、ポンプで水を汲み上げ、ホースで水面に落して空気の泡を発生させることにした。 スイッチを入れ、水が勢いよく水面に落ちるようになった時、鯉が寄ってきて落ちてくる水を頭で受けるような仕草をし、その動作を繰り返した。 単なる気まぐれなのか、鳥の…

続きを読むread more

カラスの行水

 田植えの終わった田圃で、カラスが行水(?)をしていた。 水浴びを繰り返し、決して「烏の行水」ではなかった。 web上には、「烏の行水」の語源や由来を解説したものがあるが、単に町中でも見られ、身近に居て誰もが知っている鳥だから選ばれたのではないか。 我が家には、雀…

続きを読むread more