アクセスカウンタ

含胡亭片靴

プロフィール

ブログ名
含胡亭片靴
ブログ紹介
2003年から、軽い山歩きを始めました。もっぱら、景色と山野草の花を見るのを楽しみにしている、初心者です。
住宅街に囲まれた細長い尾根(かっての里山の名残)の昆虫の観察ももう一つの楽しみです。
(受信対象記事へのリンクのない記事からのトラックバックを制限しています)

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
八王子城跡
 19日、いい天気に誘われて八王子城跡に出掛けた。前回見逃したところ、特に富士見台からの富士を、じっくり見たいと思ったのである。  ()は、富士見台から見た富士山。  城跡専用の駐車場(無料)に車を停め、御主殿跡を見てから城山林道を進み、  富士見台分岐→富士見台→天守閣跡→城山上部城跡 と巡り、金子曲輪手前から梅林に入りそのまま下に下りた。  9時過ぎ、広い駐車場には、まだ数台... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/20 16:14
嫌な言葉
 TVのニュース番組などで時々聞く「セルフネグレクト」、何となく負のイメージが感じられ、耳にしたくない言葉である。 もちろん病的な原因がある場合もあるだろうが、自分には、意思をもって選んだ生き方のように思えることが多い。 「孤独死」ではなくて「尊厳死」だろうと、共感すら覚えることがある。 「セルフネグレクト」」は、心理学用語あるいは医学用語なのだろうか、それとも和製英語 専門家が専門用語として使うのなら別だが、素人が或いは素人向けの番組などで安易に使う... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/16 14:25
四阿屋山と福寿草
 12日、秩父の四阿屋山772mに行った。 車を中腹にある駐車場(標高約490m)に停め、山頂に登った後福寿草園地を見て戻った。  福寿草が見頃を迎えていて、登山者の他に、福寿草だけを見に来た人達も大勢居た。 19日には「福寿草まつり」が催され模擬店も出るそうだ。花は3月上旬まで見られるという。  節分草も咲いていたが、数が少なく、また数m離れていて花の様子を確かめることが出来ず、不満が残った。節分草は花も小... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/14 16:05
気まぐれなヤブツバキ
 6年前に山から小枝をとってきて挿し木にしたヤブツバキが今年も花を付けた。  不思議なのは、我が家で生長した椿の開花の時期が大きくばらつくことである。 山で花を見て採取したのは4月であったが、2年前は12月に咲き、今年は年が明けた2月だ。 採取した標高600mの丹沢山地と60mほどの市街地では、気温の差があるだろうから、違いがあって当然かもしれないが、我が家の同じ場所で2ヶ月ものズレが生じるのは何故なのか。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/12 22:57
もの足りない陽気
 ぽかぽか陽気が続く。冬らしさを感じることなく、もう立春も過ぎた。 ふと気が付いた、カウントダウンが始まっているのだ。自分にとって一月はカウント単位として頃合いの数字、どう考えてみても後100ポイントは無理、50ポイントを切っていても不思議ではない。 今月は雪を見ることが出来るだろうか、空冬のまま2ポイント失うのだろうか。  ウォーキングで、猫ほどの超小型犬と擦れ違った。飼い主の思いが見えるかのような服が着せてあった。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/07 16:21
大山ハイク
 25日、丹沢の大山に行った。 歩いたのは、 ケーブルカー山麓駅→(女坂)→大山不動尊→(ケーブルカー)→阿夫利神社下社→(表参道)→大山→(雷ノ峰尾根)→見晴台→下社→(ケーブルカー)→山麓駅 で、大山-下社間標高差約560m、下社を出てから戻るまでの無雪期歩行時間が約2時間半のハイキングコースである。  阿夫利神社下社まではケーブルカーを使うつもりであったが、始発9時まで余裕があったので大山不動尊まで歩く... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/27 11:10
焼いもの季節
 今、我が家の焼いもの季節、風のない日に、焼き藷をする。 燃料は、剪定の枝や、以前から山歩きに出掛けた際に拾ってきて貯めた木の端材等である。  焚き火が社会的に非難される傾向が強くて世間体が憚られる中、山妻が焚き火に協力的なのは、焼き藷の味が好きだからであるが、自分は少し違う。焚き火が楽しいからで、(山妻が藷を喜ぶからでもあるが)、焼き藷自体は二の次である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/20 21:04

続きを見る

トップへ

月別リンク

含胡亭片靴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる