テーマ:昆虫

今日は天丼の日

 週1回で全12回の市民大学講座を受講しているが、それは午後6時始まりなので、「晩飯は要らない」と宣言し、喜び勇んで(?)家を出る。天丼チェーン、「てんや」の天丼が楽しみなのである ^^;)  講座は、市域の考古学的な遺物や現存する歴史的な“もの”をテーマにした新規開設の郷土史で、縄文時代の土偶・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80代のよた与太

 マイクロプラスティックによる海洋汚染防止に協力するため、プラスティックのストロー使用を止める店があると聞いた。昔懐かしい麦わらのストローを使うのかと思ったら、そうではないらしい。 子供の頃、家では二毛作で麦も植えていたが、家でストローを使った記憶がない。他所でストローのことを知って、手製のストローで飲んだら、「毛唐の真似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世紀の大発見!

 百年も生きられないのに大袈裟だが、自分にとっては大発見。 女郎蜘蛛の巣の端の方に、2mm程の艶のある白くて丸い粒のようなものがあるのに気が付いた。草の種にしては、違和感があったので、そっと触ってみたら、何と動くではないか 形から、サツマノミダマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンバンギセルが咲き出した

 台風21号が去って、里山の主人公が変わった。 蝉の声は、ツクツクボーシだけ、ミンミンは消えた。 代わりに目立つようになったのは、虫の声である。音は小さいが、様々な声が混じっていて、止むことがなく、もはや耳鳴りか空気のような存在。  今年も、ナンバンギセルが咲き出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成熟とは

 ベストセラーになっているという、「人間にとって成熟とは何か」(曾野綾子、幻冬舎新書)を読んだ。 残りも5年程度と思っているから「成熟なんて、今更」で、生き方を変えるつもりは毛頭ないが、内容は覚えていないが以前に同じ著者のこの手のものを読んだ記憶もあって、つい買ってしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋たけなわ

 「秋たけなわ」の“たけなわ”を辞書で引いたら、「酣、闌」が出てきてびっくり。 僅かに残った「自然」も住宅街に囲まれていて、農作業を見ることも殆ど無い環境だから、季節の変化を実感させられることは滅多にない。ただ、だらだらと時が過ぎていき、気が付いたら、もう1年の4分の3が過ぎていた。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

やねこい人

 50年以上使っていない古里の言葉が突然頭に浮かぶ、というのもいわゆる老人力のなせる技だろう。 もはや、その意味も曖昧、言葉そのものも確かではない・・・、だが何となく「そんな言葉だった」と反芻するうちに、確信に変わり、NETで検索してみたら、何と複数ヒットした。  それは、「や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公平な消費税とは

①消費税に逆進性はない。 ②一番公平だ。大企業、宗教団体、暴力団でも額に応じて払うのだから。 ③税が影響するのは、所得ではなくて、生活パターンの方だ。  高所得でも、子供の教育費に多く使う人は影響大だが、収入の少ない年寄りは物を買わないから小さい。 ④国民年金は収入…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「御注進、御注進 !」

 庭に出ていた山妻が、息を弾ませて()、    「もしかして、あれかしら 」 死んでいるのかと思ったら、そうでもなさそうだ()と云う。 薄暗くてよく見えないが、写真だけ撮って置いた。 翌朝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「やらされた」 ことはない

 今年も間もなく、終戦記念日がやってくる。 戦時中の回想がTVや新聞で多く語られるだろう。   「~~をやらされた。こんなこともやらされた。」 国民学校時代を振り返って、   「たいした理由もなく先生にスリッパでぶん殴られた。それも軍国主義教育の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モンシロチョウの婚活

 モンシロチョウのカップルの撮影に成功したばかりだが、今朝はその婚活動作らしきものを目撃した。  キャベツ畑の上を無数のモンシロチョウが飛び回っていた。 雑草に、一羽の蝶が羽を開いて止まっていた。時には羽を閉じることもあるが()、直ぐまた開く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好々爺と武家娘

 NHK BS 「酔いどれ小藤次」が面白い。主人公の小藤次を演じる竹中直人は、まさにはまり役、もし彼でなかったらドラマの印象ががらりと変わったのではないか。 もちろん小藤次中心のドラマだが、自分にはやや人間離れしたその活躍より、彼の住む長屋の人達との日常場面の方に惹かれる。 ま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サユリスト

 NHK-BS プレミアムシネマで昭和38年制作の「伊豆の踊子」を観た。主演は吉永小百合、18才。 吉永小百合の映画を観たのは、多分、同じNHK-BSの「母べい」と今回の2回だけである。TVドラマも、記憶にあるのは「夢千代日記」くらいで、若い頃のものは全く観ていないはずだ。 結婚以来「映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイムスリップ

 少し前のことになるが、虫を求めて尾根の谷戸を徘徊中、とんでもないものを見つけてしまった。   「信じられない」 原チャリを改造した ・・・ それにしては大きすぎる。   まさか、軽三輪車
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弾丸登山

 山梨と静岡の知事が、事故や高山病などを招く恐れがあると、富士山の「弾丸登山」の自粛を要請したとかいうニュースを先日見た。 「弾丸登山」という言葉は初耳だが、夜中に登って頂上で日の出を拝むのは、昔からあったこと。日の出だけではない、闇の中点々とつながる登山者の光の列、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防火演習 ???

 突然の異様な音に続いて大音声で、   『他の部屋で、火災が起きています』 驚いて階段を駆け下りた。 台所の方から、かすかな煙が・・・ 覗いてみたら、鍋から煙が上がっていた。 いつもと違っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「靖国問題」

 朝日新聞は23日朝刊の社説で、「靖国問題 なぜ火種をまくのか」のタイトルで、3閣僚が春期例大祭に合わせて参拝し、また安倍首相が『真榊』を奉納したことに対して韓国・中国が反発していることについて、 ・・・  たしかに、日本と中韓両国とは尖閣や竹島問題をめぐって緊張が続いている。中国の監視船が尖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

out like a light

 NETで、“out like a light”で検索したら、多くの解説ページがあって驚いた。 片っ端から読んだが納得できない・・・何故か“ピン”と来ないのである。 日本語なら、「バタンキュー」、「コトンと寝て鼾をかき出した」、とか「スーッと眠りについた」とか動作ならオノマトペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不気味な電話が・・・

 警察関係者を名乗る女性から電話が掛かってきた。 「ご主人様ですか」と確認した後、話し出したのは、「数日前、○○○(片靴の居住地区名)で振り込め詐欺の電話がたびたび掛かるようになったので、お知らせします。手口はこれこれ・・・、もし掛かってきた時は何んたらかんたら・・・」、と長々と話出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

子供の徳目「他人に迷惑をかけない」

 子供が小さい頃、「其処にいたら、他の人が通れなくて迷惑になるだろう」などと叱っていたような気がする。恐らく誰でも子供の頃「他人に迷惑を掛けるようなことをするな」と注意された経験があるはずだ。たとい記憶にはないとしても、ごく当たり前のことだから、「きっと云われたに違いない」と思うだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尾根の風景:クモの“合体”

 近頃は、ジョロウグモ(女郎蜘蛛)の巣に♂を見掛けることは希である。少し前までは殆どの巣で♀と対峙していたのに、あの♂たちは何処に行ったのだろう  思いを遂げて死んでいったのか、はたまた♀に喰われてしまったのか   11/07日、珍…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more