パブコメ?

 新聞の見出しに、“文科省パブコメ公表”の文字があり、一瞬となった 見出しの全文は、「デジタル教科書に賛否 文科省パブコメ公表目立つ慎重論」で、行政手続法の定めによる『意見公募手続』、即ちパブリックコメント手続に応募した意見の…

続きを読むread more

アラ米の日常

 アラ還、アラ百という言い方を真似るなら、とうとう「アラ米(寿)」に仲間入り (^^;)  今年も、直ぐ1/3が終わる。アラ米にとって、1年を超すコロナ禍は残念至極。残されている先は長くはない、1年先にはいや1週間先には死んでいるかも知れない。別に何かしたいものが有る訳でもないが、1年を超えるロス…

続きを読むread more

今朝の道草(04/23)

 すがすがしい気持ちのいい朝。元々多くはないのだが、朝里山を歩く人たちが若干減ったような気がする、コロナ第4波を警戒してのことだろうか。 我が町の新規感染者は、今月は今日迄で既に10万人辺り40人、「まん防」下から間もなく「緊急事態」に変わる。 オリンピックに必要な医療スタッフ確保の目処は付いているのだろうか…

続きを読むread more

学童疎開の里

 ()は、禅宗寺院の裏山である。此処はかって、ソメイヨシノの桜林であったが、10年ほど前の台風で皆倒れ、その後に桜の苗木の他、ツツジやアジサイが植えられた。桜も若木に育ち、花を咲かせたが、既に散って葉桜になり、今ツツジの季節になっている。 この場所には柵もなく開放されていて、ウォーキングの度に花やそれ…

続きを読むread more

里山の藤

 2ヶ月に1回、高血圧治療薬を貰いに通院している。今回は、診療費が10円高かった。   「値上げですか」 と聞いたら、「コロナによるもの」とのこと。其処でも、換気・殺菌()のためか、見慣れない機器が動いていたから、コロナ対策費への助成であろうと納得。 コロナが騒がれ出した…

続きを読むread more

ストーカー?

 里山周辺を歩いていると、突然クマバチが現れて、目の前1mほどの処を付かず離れず付き纏うかのように飛ぶことがよくある。 今年は未だクマバチは見ないが、最近それより一回り小さい虫が近づいてくることが数度あった。  今朝、その撮影に成功。撮ろうと立ち止まってカメラを構えていると、時偶急に動いたりするが、ほぼ同じ位…

続きを読むread more

ワクチン接種

 東京のベッドタウンだから市の状況だけで推測しても意味がないが、市の新規感染者は確実に拡大し始めたようだ。 我が家は二人とも後期高齢者、今朝の新聞と一緒に配布された市の広報によると、高齢者への「接種券発送予定」は5月中旬、「接種開始」は6月からとのこと。高齢化率は昨年で27%、東京オリンピック開始までに高齢者全員への接種は…

続きを読むread more

目に青葉

 昨日は丹沢の山並みがはっきり見え、初夏の兆しと浮き立つ思いがしたのに、今朝はまた元のように霞んでいた。 しかし、ソメイヨシノはすっかり葉桜に、  目には青葉 山ほととぎす 初鰹 (素堂) 里山の緑も濃くなった。径をそれて林に一歩入れば、 …

続きを読むread more

画眉鳥の鳴き声

 蛾眉鳥が囀るところを動画に撮ることに成功。 1羽の蛾眉鳥が鳴き始めると、周辺の彼方此方で競うように他の個体が鳴き出すことが多い。だが、今朝は、何と、画眉鳥ではなく同じ中国からの帰化種コジュケイ(小綬鶏)が反応した。  我が家にも、時々飛来し、水浴びを目撃したこともあるが、囀る声を聞いたことは…

続きを読むread more

ウワミズザクラ

(上溝桜)  上溝桜(ウワミズザクラ)が咲いた。山桜や染井吉野と同じバラ科サクラ属だが、花の形が丸で違い、幹も桜の木のようには見えない。 花は綺麗とは思わないが、その実は美しい。  これと同じような花が咲くという同属の犬桜(イヌザクラ)の木も1本あるが、未…

続きを読むread more

花筏が咲いた

 里山が一気に若葉を開き始めた。  五蘊皆老 とつぶやき歩く 若葉径  五蘊は色・受・想・行・識。歩くのが遅くなり、誤嚥が増えたのは色、視力が衰えたのは受、ドラマの台詞が聞き取れなくなったのは多分想、物忘れが酷くなったのは識、山妻を怒らせることが多く…

続きを読むread more