新と旧

 今朝の新聞に、森元首相の辞任と藤井二冠の朝日杯V、対照的な二つの記事が同じ面に載っていた。ふと、『新』『旧』の2文字が浮かんだ。
 コロナで閉塞感が漂う中、未だ18才の棋士の躍進ニュースは、将棋ファンでない自分にも嬉しく、明るい気分にさせてくれる。

 政治家には『読む』ことが要求される。その能力が優れていたからこそ政界で成功されたのだろう。失言だって、読んだ上で意識的にする失言だってあるだろう。今回はそれが外れた

 本当のことか、面白可笑しい話題作りのためのフェイクかは知らないが、森発言を聞いて聖火ランナーを辞退する者が出たという。
もしそれが事実なら、失言と同じくらい、おかしなことだと思う。
発言を聞いて辞めたくなる者も居るだろう、しかし、オリンピックは国民的行事であり、ランナーになったからには公的な責任がある。ランナーは必要なのだから、辞めれば必ず金と時間が掛かる新たな選出が必要になり、迷惑を掛けることになる。それは元首相の責任では無く、安易に辞めた者の責任である。

 よい、悪いは別にして、失言の内容には、笑ってしまった。然もありなん、そんなことって、よくあるよなあ~」と思ったが、そう感じた人は少なくないのではないか。少し大きい組織で、部門を代表して集まる定例会議などではよくあることで、ジェンダーとは直接的な関係は無い。馴染みのない会議に新メンバーとして入り、意見や提案をするとすれば、以前の様子を知らないから、理路整然と述べるために話が長くなるのは仕方が無い事である。

 元首相より2才年上、気をつけないと危ないなあ~と反省  長い付き合いだからよく知っているとは云え、山妻も後期高齢、何時逆鱗を逆立てるやもしれぬ。
だが、失言の内容よりも、失言を聞いてランナーを辞める、またそれを無批判に垂れ流す世相の方が、もっと気になる、何時からこんな世の中になったのか

          里山の道草          


210211016.jpg

 白菜の花が咲いた。
数は少ないけれど、里山の谷戸に一気に春が来たような感じがする。

210211017.jpg
(白菜の花)

 昨年のノゲシは、霜にやられて全部枯れ、彼方此方に枯れ草姿が目立つ。
今朝、新生の花に気が付いた。

210211027.jpg
(ノゲシ)


210211019.jpg

 山径の真ん中に、在るはずのない大きな石が転がっていた。
よく見ると、キジバトが此方を向いて、動かなかった。餌を啄むのは珍しくないが、一体何をしていたのだろう。

210211029.jpg
(キジバト)


210211020.jpg
(ハクセキレイ)

 クサボケの蕾が膨らんできた。

210211023.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい