正月餅

 去年の暮れ、例年のように餅米を5kg買った、昔はで量ったから3升3合(約6リットル)である。
正月の輪飾りはしないが、三宝にのせた餅飾りは作る。最初は子供の教育のためだったが、今も欠かさずに続けている。
我々は二人とも餅が好きで、正月以来、朝はパンでなく焼き餅が出ることが多かったが、それが今朝で終わった、5Kg食べ尽くしたのである。

 子供の頃生家では、餅搗きは一家総出でやる仕事だった。餅は手で振り上げる杵ではなく、ダイガラと呼ぶ唐臼(動画有り)で搗いた。ダイガラの杵は重量があり、それを1m以上離れた高さから落とすので、その衝撃は大きく、臼は花崗岩で出来た石臼だった。親父がダイガラに上がって足で踏んで杵を上下させ、お袋が手で捏ねた。はっきりとは憶えていないが、一度に搗く量は1升以上だったと思う。搗き上がると、それを畳1枚ほどの板の上に載せ、それをお袋が餅の大きさに手で千切り、それぞれを親父と祖母が急いで揉んで形良く丸める。餡餅の場合は、餡を包んでから丸める。作業は大急ぎでやる、急がないと餅が堅くなって綺麗に仕上がらないからである。
出来上がった餅は、見た目では違いが分からないほど、大きさが揃っていたが、それはお袋の腕が確かであったからだろう。恐らく昔の娘は嫁入り前迄に、綺麗に餅が切り分けられるように、躾けられたのだろう。さもなくば、嫁は姑からいびられ、実家は面目を失うことになりかねない

 今、我が家では電気餅搗機で、山妻一人で搗き、自分は手も口も出さず、ただ出されたものを食べるだけ。堅くなるとうまく焼けないから、何回かに小分けにして搗く。餡入りと無いのが半々であるが、山妻が餡入りを好むからで当方は口出しをしない。最近は餡の包み方が上手になったが、それでも時々蒙古斑)が見えるものが出される。
山妻は街中のサラリーマン家庭で育ったから、餅は買う物で作り方は知らなかった。揉み方や、餡を包むタイミングと包み方は当方が教えた。見ると何かとアドバイス()したくなる、それが鬱陶しいのだろう、今ではお呼びがかからないから、後で聞くまで搗いたことを知らない。

210129006.jpg
(今朝の丹沢)

 昨日午後、一時的にみぞれがぱらついたが、雪にはならなかった。
それでも丹沢では雪になったらしく、今朝は白かった。

210129004.jpg
(蛭が岳山頂)

 何を食べているのか、分からないが、桧にメジロが群れていた。

210129001.jpg
 (メジロ)

 早咲きなのだろうか、1本だけ花芽を膨らませた桜があった。

210129002.jpg
 (早咲きの桜???)

 街中ほど多くはないが、林縁の道で帰化種のドバトが餌を漁っていた。
在来種のキジバトと違って、人を恐れない。キジバトは、林の中の径で見ることはあるが人家傍の道で見ることはない。円満に棲み分けされているように見えるが、もしキジバトのテリトリーが奪われた結果なのなら、許せない。

210129007.jpg
(ドバト)


210113022.jpg

 ペットショップの犬たちが、里山の一角に作られた狭い囲いに、毎朝上がってくる()。どうやらウンチをさせるのが目的らしく、コンクリート舗装され、水道による清掃も行われているが、傍のウォーキング径まで臭いが伝わってくることも頻繁にある。
犬たちは、仲間同士で巫山戯合い、飼育員にもじゃれつき、ウォーキングで通る我々にも関心を示す。

210116009.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス