ずうずうしい居候

 女郎蜘蛛の巣に来るシロカネイソウロウグモ、通常見掛けるのは、巣の端っこの方である。体格が一回りも二回りも違うのだから、力の差は歴然、当然のことである。

ところが、()はどうだ
人間でも、居候三杯目にはそっと出し、遠慮するところなのに、何と図々しい

イソウロウグモのいる糸は、女郎蜘蛛の巣の糸ではないのかも知れないが、両者間の距離は近い。イソウロウグモが動けば、女郎蜘蛛が気付かぬはずはない。女郎蜘蛛は攻撃しないよう、DNAに刷り込まれているのだろうか。

200809011.jpg
(シロカネイソウロウグモ)

 里山の林縁では、今クモの棚網が目立つ。
通常巣の主は隠れているのに、()では、巣の真ん中に出ていた。

200809001.jpg
(クサグモ???)


200809025.jpg
(ヌスビトハギ)

 最高気温は、35℃近くになるそうだが、時偶吹く風にも秋の気配のようなものを感じる。里山で見る花も、夏の花ではなく、「秋の花」図鑑に載っているものが多くなってきた。

里山の径では、カナカナ(=ひぐらし)が鳴いていた。

200809007.jpg
(今朝の丹沢)

 フジカンゾウ(藤甘草)は、ヌスビトハギと同属で、種も似ていて服にくっつきやすい。

200809022.jpg
(フジカンゾウ) 

 このハエドクソウ(蝿毒草)のことは、今迄知らなかったし、見たのも初めてである。有毒植物で、根の煎汁を蝿取紙に染みこませ蝿を殺すことが出来ると云う。
故郷にもあったかも知れないが、草は牛馬の飼料として貴重であったから、根絶やしにされただろう。

200805022.jpg
(ハエドクソウ)


200809017.jpg
(キンミズヒキ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 23

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス