六日の菖蒲

 六日の菖蒲 アベノマスク  この時期になっても、まだ届かない地区があるという。 『六日の菖蒲 十日の菊』の例にピッタリ、アベのレガシーとして残るのではないか。 原資は我我が納めた税金である、忘れて貰っては困る。これを教訓として、今後二度と無駄遣いを起こさないように{%びっくり2…

続きを読むread more

麦秋

 今朝は曇りの中、ウォーキングに出掛けたが、10時、帰る頃には薄い陽射しが時偶出るようになって、背中に汗を掻いた。 数日前から、林の高いところを白い蝶が群れて飛ぶようになった、他の蝶では見られない特異な光景である。これに気が付いたのは去年からで、飛んでいるのは蝶ではなく、「キアシドクガ」と云う蛾の仲間らしい…

続きを読むread more

マスクが来た

 今朝は、天気がよかったのにも拘わらず、里山を歩く人が少なかった。コロナも終息期に入ったようだし、月曜日の今日から、出勤する人が多くなったのかも知れない。  アベノマスクが届いた。納めた税金が、こんな形になって帰ってきたかと思うと、何んだか情けないような気分になった。  検察高…

続きを読むread more

天気回復

 ぐずついたお天気続きがようやく終わり、1週間ぶりにウォーキングに出掛けた。すがすがしい気持ちのよい径も、1時間半後には暑くなり風と日陰が欲くなった。  コロナ自粛が解けそうなのは、ご同慶の至りだが、それにしてもアベノマスは一体何だったんだろう。 我が家には未だに届いていない。最後の最後まで自…

続きを読むread more

スナップエンドウ

 ぐずついたお天気続きで、里山の径は歩き難く、今週は家に籠もりきり。 on lineの漢字ナンクロにも飽きて体を持て余し、時に椿やツツジの剪定をしたり、身辺整理・・・溜まったガラクタの片付け(^^) をしたりして時間を潰している。  3月にポット植えのスナップエンドウの苗を…

続きを読むread more

蜂に擬態した蜂?

 今朝は、薄雲が出ていたが、風も殆どなく、暑かった。  今日も、又また珍虫に出会った。形は蜂のようだが、体色が極度に薄く文様も異様で一寸不気味、今迄も見たことがない。もしかして羽化直後なのかも知れないと思った。 帰宅して、webで探したら、ハチガタハバチ(蜂形葉蜂)という、アシナガバチに擬態し…

続きを読むread more

珍虫に会う

 天気予報では最高気温は29℃とか、今朝は全天雲もないのに、何故か丹沢は霞んで見えなかった。 生まれて初めて見る虫に出会ったり、あの世から会いに来てくれたり()、嬉しいウォーキングだった。 ここ数日、里山の径で擦れ違う人の数がやや減ったような気がする。そ…

続きを読むread more

ミカンの花が咲く

 里山の畑の隅に植えられた蜜柑の花が咲き出した。 子供の頃ラジオでよく聞いた♪みかんの花咲く丘♪のせいか、何となく海の見える暖かい地方の山の斜面に植えるものとの思い込みがあって、此処の里山で見た時は違和感があり、仮に生ったとしても、どうせ不味いものしか出来ないだろうと思った。 だが、試食したことはないが、普通…

続きを読むread more

5月らしく

 今朝は快晴、やや強い風があってすがすがしかった。 丹沢が暫く振りに姿を見せ、ようやく5月らしい天気になった。 (暫く振りの丹沢)  ツツジも未だ咲いているものもあるが、全体的には盛期を過ぎた。 (寺院の裏山にて) (コミスジ)  黒っぽい揚羽蝶を、ほぼ毎日一度は目…

続きを読むread more

塵グモの巣に居候グモが

 日頃ウォチングしているゴミグモの巣を覗いたら胸を躍らせるような光景が・・・ 2mmほどの小さな虫が、巣の糸を伝わって、ゴミグモの方に近づきつつあった(赤矢印)。 ゴミグモが躍り懸かって、糸でグルグル巻きにする瞬間が見られると息を凝らしたが、何とゴミグモは微動だにしなかっ…

続きを読むread more

暑い里山

 丹沢は未だ春霞み、天気はよいのに見えなかった。  だが、暑かった、1時間半ほど歩いただけだったのに汗を掻き、昨夜の残り湯の風呂に入った、水温29度。 ウォーキングの帰り、日照りの市街地を歩く気になれず、コロナの危険性で避けていた里山の径を通って戻った。 (ニワゼ…

続きを読むread more