SSDが壊れた、寿命?

 突然自作パソコンが動かなくなり、他のPCを使って調べたらSSDが認識されない。SSDが壊れたと判断し、買い換えた。
処理速度が速くなるという雑誌の記事に釣られて、C:ドライブには250GBのSSDを採用し、OSやアプリなどのソフト類をこれに収容していたのである。

OSはwindows 10 で、SSDの導入から未だ5年しか経っていない。原因が、SSDの寿命なのか、偶発的な故障なのかは、自分の知識では、判断しようもない。
SSDに寿命があることは承知していたが、寿命が近づけば警告が出るのだろうと、勝手に思い込んでいた  実際はどうなのだろう
現在は、新しいSSDに再インストールし、運用している。

カレンダーやメールに、使い慣れた数世代前のものを使い続けていたため、日記代わりのカレンダーdata、アドレスdata、保存していた受信電文などはC:ドライブに収容されていたから、故障で全て消えてしまった。
HDDは壊れるとしても、dataを全部一度に失うようなケースは希だろう。data類は、アプリ本体とは切り離し、別のHDDに収容すべきであったと悔やんでいる。


            尾根の風景             



 スズメバチの活動が目立つようになった。
ウォーキングコースのそばのクヌギに来ていて、樹液がまだ少なくて苛ついているのか、時偶飛び上がったりする。
習性をよく知る人は、そっと通れば何事も起こらないと云うけれど、去年も刺された女性がいた。
クワバラクワバラ

画像

この記事へのトラックバック