テントウムシの羽化

 幸運にもテントウムシの羽化に遭遇 
羽化直後ではないかも知れないが、未だ完全な成虫にはなっていないナナホシテントウを見た。うっすらと黒い文様の原型のようなものも既に出来ている。

幼虫や蛹らしきものは見たことがあるが、このようなのは生まれて初めてである。

画像
(羽化したばかりのナナホシテントウ???)



画像
 帰化種のアカバナユウゲショウに混じって、紫色の小さな花が咲いているのに気が付いた(下)。

Netに載っていた、北米原産のヒナキキョウソウ(雛桔梗草)によく似ている。
他に、南北米産のキキョウソウ(桔梗草)や在来種のヒナギキョウ(雛桔梗)というのもあり、紛らわしい。

この花も見るのは初めて。知らない花がまだまだあるだろう、ウォーキングの楽しみが増えた。


画像
(ヒナギキョウソウ???)



画像
(オオイヌノフグリとクロヒラタアブ???)



 白一色、清潔感があって、好きな花だが、惜しいことにすぐ黄色く変色する。

画像
 (スイカズラ)



画像
(ダイミョウセセリ)



画像
(ツマグロヒョウモン) 

この記事へのトラックバック