自然淘汰の結果だとしても?

画像 獣の顔に見える大型の蛾()を見たのは、これで2度目。
小鳥などの捕食者も、この模様を見れば、躊躇うかも知れない。

偶然の積み重ねでこんな模様ができるのだろうか、自然淘汰を疑うわけではないが、やはり別の何かが働いたのではないかと、思いたくなる。

ただ、Net上の蛾図鑑で、こんな怖い顔を持つのは、ハグルマトモエとオスグロトモエだけ。と云うことは、この模様が生存上格別有利に働いている訳でもない

それにしても、偶然は恐ろしい。

ともかく、最初に見たのは6年前のことだったから、嬉しい再会 ^^;)


画像
(ハグルマトモエ???)


 スジグロシロチョウを見るのは珍しくもないが、大きくてしかも筋がこんなに太いのは初めて

画像
(スジグロシロチョウ???)



画像
(ツマグロヒョウモン)



画像
(左:コミスジ、右:ダイミョウセセリ)



画像



 里山は、すっかり初夏
新緑の風情はもうない>



 ウグイスカグラが実を付けた。
可憐な花に相応しい優しそうな実である。食べたことはないが、甘いそうだ。


画像
(ウグイスカグラの実) 



 マユミとコマユミが花を付けた。

花らしくは見えないが、2本とも秋には実を付けるから、やはり花なのだろう。
両方とも、十字型の花弁で、その付け根に4本の雄シベが立っている。ハナイカダの花も同じような形をしている。


画像
(左:マユミ、右:コマユミ)



画像
(???) 



画像
(ヒラタアブの仲間)



 仮にだが、猫くらいの大きさだったとしても、こんな奴が目の前に現れたら、足がすくむだろう・・・

画像
(???)



画像



画像
(左:ヤブキリ、右:ガガンボ) 

この記事へのトラックバック