画眉鳥の水浴び

画像
 以前から、山妻が、茶色の小鳥がやってくると云っていた。
今朝、偶々、小さな音がしたので見たら、池の傍の「つくばい」で、茶色の小鳥が水浴びをしていた。

何と、ガビチョウ(画眉鳥)だった
ウォーキングの途中、美声で慰められる、あのガビチョウだった。

当方の動きに気が付いて、一度離れたが、カメラを持ってきて待っていると、また姿を現し、何回も、水に飛び込んだ。

 熱烈歓迎

であるが、残念なことに外来生物法で「特定外来生物」に、また日本生態学会からは「日本の侵略的外来種ワースト100」に指定されている。

我が家で、一度でいいから、あの美声を聞いてみたい

)以下の写真は、必ずしも連続撮影ではないから、画像間の動作のつながりはない。


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像



画像
 畳1枚ほどの、日曜土木で手作りした池、鯉を2匹飼っている。
今迄、何回か襲われて殺されたので、4代目か5代目である。犯人は、猫かハクビシンではないかと云われている。

 朝、雨戸を開けると、その音に反応して、近寄って来て水面に口を出す、可愛い奴等である。

この記事へのトラックバック