クモの交接行動の不思議!

画像
 女郎蜘蛛の一部始終を目撃した。

9時8分58秒、最初に気が付いた時、♂が体を♀の腹に寄せ、腹の辺りを突いているように見えた。♀は身動ぎすることなく任せていた()。(何時からそうしていたのかは分からない)

やがて交接行動らしきものを始めたが、それは1回では終わらず、複数回繰り返された。
それが正式の作法なのか、或いはこの個体固有の変態行為なのか

♀には何度もチャンスがあったのに、♂が喰われることはなかった。
♀の傍に、脱皮の後の脱け殻のようなものがあったから、♀の体力がまだ回復していなかったのかもしれない。

***********************


 抱き合った状態()から5分ほど経った 09:13:51、♂が一旦離れた。
再び腹に乗った時(左)、♀が体を少し動かした。♂は慌てて離れた(右)。

画像画像
(左:09:14:12、右:09:14:26)



画像
 09:14:58、また腹の上へ(
 09:15:12、離れる

 09:15:46、腹の上へ
 09:16:28、離れる

 09:18:24、腹の上へ
 09:20:42、離れる

 09:21:14、腹の上へ
 09:21:36、離れる

 09:22:34、腹の上へ
 09:23:44、離れる




♂は、また♀に近づいたが、直接腹には上がらずに、何と顔の上に、 09:24:36、顔の上に(左)
しかし、♀は何もしなかった。顔の上を通り過ぎて、また腹の上へ。 09:25:14、腹の上へ(右)

画像画像
(左:09:24:36、右:09:25:14)



画像


 09:28:56、離れる

 09:29:32、腹の上へ
 09:30:06、離れる

 09:31:02、腹の上へ
 09:33:44、離れる

 09:34:12、腹の上へ(



 盗撮にも疲れ、うんざりして現場を離れた。




 ()は、水田の雑草、「コナギ」。ホテイアオイのように葉柄が少し膨らむ。

画像
(コナギ)



画像
 09:44:58、10分ほど経って、再び現場に戻った時、2匹は抱き合っていた()。

その間離合を繰り返していたのか、はたまた目障りな見物人が居なくなったので、安心して法悦に浸っていたのか


観察者、いや盗撮者にとっては、ドラマチックな展開がなくては面白くない。
もしや♀が死んでいるか或いは極度に弱っているのではないかと思い、突いて「犬に食われて死んでも仕方がない」野暮な行為に及んだが、♀は元気で動いた。♂も離れたが、再度アタックするつもりなのか、2等身程の位置にとどまっていた。

♂が♀に喰われる瞬間を見ようと、我慢して見守ったが、(♀にはそのチャンスは何度もあったのに)とうとう悲劇は起こらなかった。

1日経った今朝見たら、♂は喰われたのかどうか、♀だけだった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • クモのカップル

    Excerpt:  ウォーキングの途中でクモのカップルを発見 以前に、偶々撮った写真を拡大してみたら交接中であったことから、以後大きい女郎蜘蛛がいる巣は、注意深く見るのが習慣に.. Weblog: 含胡亭片靴 racked: 2015-10-21 08:54