タイムスリップ



 少し前のことになるが、虫を求めて尾根の谷戸を徘徊中、とんでもないものを見つけてしまった。

  「信じられない

原チャリを改造した ・・・ それにしては大きすぎる。
  まさか、軽三輪車 
近くにいた地元の人に聞いたら、その「まさか」だった()。

  「車検も受けてますよ

確かに、フロントガラスに車検の有効期限を示すラベルも貼ってあった。

道幅の狭い谷戸では、小回りの効く軽三輪は方向転換も容易で使いやすく、作業車としては最適だろう。
だが数10年前に生産中止になったはずで、山歩きで行った彼方此方の山村でも、見たことはなかった。

そんな車が、今も現役で走っているとは 
車体に赤錆も塗装の傷もなく、そんなに古いようには見えないし

よく見ると、“MIZET”と記した小さなエンブレムも付いていた。

半信半疑でWebで調べてみたら、やはり、軽三輪「ダイハツ・ミゼット」は1972年で生産中止になっていた。

すると、少なくとも40年間現役であり続けたことになる。
そんな長い間、エンジンが保つのか

画像
(人間なら、150才 背後は田圃一面のレンゲ草である)



 背後のレンゲ草は、緑肥として鋤き込まれ、今は田植えもすみ水田となっている。

画像
(左:レンゲの咲く4月17日、右:6月22日)



                              


尾根の風景



画像


 尾根の雑木林の下は、殆どが笹で被われている()。
しかし、人口林の桧林は暗くて日光が差し込まないからか、下に何も生えていない所が多い。何故か1ヶ所だけ綺麗なシダが敷き詰めている()。

画像



画像画像


画像
(キチキチバッタの赤ん坊)



 山道を虫が這って横断していることがある。普通は、人間に気が付くと急いで逃げる。
だが、(左)は何故か逃げないで立ち止まった。
手で捕まえて見たいが、要注意、子供の頃に苦い経験がある。
どんな虫であったかは忘れたが、 捕まえたら熱い屁)を吹き付けられた、ことがある。多分、熱ではなく、刺激性の酸ではなかったかと思っている。

画像画像


画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのトラックバック