YouTubeの中の「特攻」

 YouTube に、「特攻」に関連する写真や映画フィルム映像を綴った投稿作品が多くあることを最近知った。その幾つかを紹介する。

 背景として歌を流し、解説や思いを交えずに、ただ淡々と映像を流しているものが多い。歌として、森山直太朗の「さくら」を使っているものもあった。遺族関係者には、申し訳ない表現ながら、軍艦マーチや海ゆかばとは全く違う現在の若者の歌が、流れる映像とよく合うのである。作者の殆どは、「特攻」を日本史の一場面の知識として知った人達であろうと想像する。どのような評価をしているのか、初めて元の映像に接した時涙を流したのかどうかは、若い世代と交流のない自分には思い浮かべることも出来ないが、死んでいった若者達への追悼、鎮魂の思いが込められているように感じた。いい作品ばかりだった。
神風特別攻撃隊 http://www.youtube.com/watch?v=iKbuy7bPYlo
特攻へのレクイエム http://www.youtube.com/watch?v=aQlcxo3gOJ0
神風特攻隊kamikaze http://www.youtube.com/watch?v=9xk14vLUi0Q
神風特別攻撃隊 さくら(独唱) http://www.youtube.com/watch?v=n-PyrgNSGHA
神風特別攻撃隊 http://www.youtube.com/watch?v=EZWVvD_ujWg
KAMIKAZE ~或る特攻隊員の手記~ http://www.youtube.com/watch?v=8ury5nqEuwA

 出陣の様子を伝えるニュース映画(あるいはニュース映画風に編集したもの)かと思われる。
(昔は、劇映画の上映前に、短時間のニュース映画を映写する習慣があった)
神風特別攻撃隊の出陣 http://www.youtube.com/watch?v=ukHCmVI1uk0

 特攻隊員以外の兵士のもの含む遺書の紹介。
遺書 http://www.youtube.com/watch?v=hH6nhDjZVik&feature=related

 フジTVの放送映像?
特攻証言集「国破れても国は滅びず」
http://www.youtube.com/watch?v=p4xcwKvAAdg
http://www.youtube.com/watch?v=KW7HHYKyuHQ
http://www.youtube.com/watch?v=CSMoSSsnUsk
http://www.youtube.com/watch?v=OfE5-Ar1RuA
http://www.youtube.com/watch?v=emdXPavgc3c

 米国(?)製らしい日本語の字幕の付いた特攻を中心テーマとした第2次世界大戦記もあった。特攻が生まれた背景、特攻隊の戦果(米側の被害)についても詳しく述べている。10部に分かれていて、合計で1時間を超える大作である。米国側から見たものだけに、変な思い入れもなく、日本人の大多数は違和感や反発を感じることはないだろう。世間一般には、無駄死にさせただけで、戦果はなかったように思われていると推察するが、作品のナレーションを見る限り、米軍側の受け止め方は違うようだ。見る価値がある作品だと思う。
神風特攻隊 WWⅡ 前編 5 of 5
http://www.youtube.com/watch?v=ETlGQ3RB5D8
http://www.youtube.com/watch?v=Cs4cHeOlDpE
http://www.youtube.com/watch?v=JrUreZkEHD4
http://www.youtube.com/watch?v=psUd9v9pJb0
http://www.youtube.com/watch?v=NetQkWRGwcA

神風特攻隊 WWⅡ 後編
http://www.youtube.com/watch?v=_imvALSmzKQ
http://www.youtube.com/watch?v=rOGU9DK6OU8
http://www.youtube.com/watch?v=-fm9l6vxY80
http://www.youtube.com/watch?v=2M4wCffOnBk
http://www.youtube.com/watch?v=HmbrtukzPmg

その他
アメリカからみた【神風特攻隊(kamikazetokko)】第二次世界大戦
   http://www.youtube.com/watch?v=evC_UP-J6ME

ある朝鮮人神風特攻隊員の出せなかった手紙
   http://www.youtube.com/watch?v=vY0XysomMr4&feature=related


 映像の持つ訴求力の大きさに改めて驚いた。道に落ちたたかが写真1枚ででも多くのメッセージを送れる。誰が、何時、何処で落としたかが分かれば、さらに多くのメッセージが付加される。それが意図的になされたとすれば、なおのこと・・・
 これらの映像で、特攻を見たこともなく、身近に感じることも出来ない若い人達に、死んでいった若者達への追悼の念、それによって悲しみを背負うことになった親、妻、子、兄弟姉妹の思いへの共感が増えればと思う。

 先頃、新聞やTVを賑わした靖国のドキュメントは、どのようなメッセージを伝えたのだろうか。

       YouTube 恐るべし

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2008年06月02日 22:04
こんばんは。
前の記事で、You Tubeは便利で、ある意味では老人向けの道具だ・・・、とおっしゃっていましたが、よくご覧になりましたね~。
こんな映像がYou Tubeに収録されているとは知りませんでした。
私もご紹介のあった幾つかを視聴しましたが、犠牲になったご家族がご覧になったら・・・、と考えながら見入りました。
ご遺族の承諾が必要と思われる映像(遺言など)も含まれていたようですから、大変な記録ですね。
米国製と思われる米側の被害についても詳しく述べている記録映像には興味が湧きましたね。
>これらの映像で、特攻を見たこともなく、身近に感じることも出来ない若い人達に、死んでいった若者達への追悼の念、それによって悲しみを背負うことになった親、妻、子、兄弟姉妹の思いへの共感が増えればと思う。
:私も、同様な感情を持ちました。
片靴
2008年06月03日 07:41
ロボットさん、おはようございます
犠牲になったご家族がご覧になったら・・・ :すごい世の中になりました。10分近い映像なら、人を動かすに十分なメッセージが送れます。しかもそれを個人がやれるのですから。遺族の感情も複雑でしょうね、死者や遺族のことを知ってもらうチャンスでもあり、また気持ちをかき回さないでくれとの思いも。
YouTubeと同様のサービスも増えるでしょうから、世論操作に使いたい輩が出て来る可能性もありますね。

この記事へのトラックバック